大学生への新型コロナの影響に関する調査。充実した学生生活には、安定したインターネット環境が必須

お部屋さがし ネット環境 部屋探し 大学生
イメージ:大学生への新型コロナの影響に関する調査。充実した学生生活には、安定したインターネット環境が必須

この記事のサマリー

  • 大学生は学びや進路に関する新型コロナの影響を不安視
  • オンライン授業を前提に学習環境を整えることが大切
  • 個人の学びや趣味の面でも、安定したインターネット環境が必須

目次

2020年は、まさに新型コロナウイルスの感染拡大に翻弄された一年でした。冬をむかえようという現在も「第3波」に見舞われ、全国的に感染者が急増しています。

今、大学に通っている人、これから大学への進学をひかえている人も、生活や進路について大きな不安を抱えているでしょう。

この記事では、2020年4月に発表された「大学生への新型コロナウイルス感染症拡大の影響」の調査結果(全国の大学生が対象、調査期間は4月1日から7日まで、有効回答数1,406人)をもとに、大学生の生活や進路に関する不安について詳しく解説します。

なお、約7か月前に発表された調査結果であり、大学生の多くが新型コロナに関する正しい知識を身につけるとともに、大学側の対応が行き届いてきている現在では、状況が少し異なる部分があるかもしれません。

それでもなお、大学生がどのようなことに不安を感じるのか、感染がいっそう拡大した場合にどうすべきか考えるきっかけとして、この記事が参考になるはずです。

それでは、日常生活での感染の不安、経済的な影響などの観点から、調査結果を見ていきましょう。

感染に不安がある人が9割。よく会話をする空間、他者との接点が多い場所に警戒

大学生の中で「感染の不安」を感じている人の割合は、非常に不安が35.1%、不安が38.1%、少し不安が20.3%と、合計で93.5%となっています。



特に、大学内で感染する可能性として、

  • 授業の教室
  • 研究室や演習室
  • 屋内のスポーツ施設
  • カフェ・レストラン

など、よく会話をする空間での活動に不安を感じているようです。

学外などの日常生活で感染の不安があるのは、

  • 電車
  • 病院
  • 飲食店
  • アルバイト先

など、他者との接点が多い場所です。

学生生活としては、

  • 今の予定どおり授業が実施
  • 就職活動
  • 部活動・サークル活動
  • インターンシップ実施や企業の受け入れ

など、学びや進路に関する不安が大きいようです。

実際に、多くの大学が通常授業をオンライン授業に切り替え、課題をオンライン提出にするなど、新型コロナの感染防止のために対策しています。このまま感染拡大が続けば、このような授業スタイルが標準的になるでしょう。

特に、学ぶ側の大学生にとっては、通信速度の速いインターネット環境を自宅に用意したりと、オンライン授業を前提に学習環境を整えることが重要となります。


生活に困窮する大学生も。現在は影響がなくても、今後あると考えている人が多い



大学生の多くが、授業料を親に頼っています。この調査では、授業料をまかなっているのは親が92.5%、奨学金が29.9%、アルバイト・給与が7.6%、その他が1.6%という結果です。

さて、4月の調査当時は、家族の収入に大きな影響はない一方、アルバイト収入の影響が減少傾向にある人、今後はいずれにも大きな影響が出ると考えている人が多いようです。

大学生のアルバイト先として、飲食や小売などの接客サービスが圧倒的に多いことはよく知られています。これらは新型コロナの打撃を受けた業種であり、大学生のアルバイト収入にも大きく影響していることは容易に想像できます。

実際に、アルバイト収入はもとより、親からの仕送りの減少などで生活が困窮したり、退学を検討している大学生も多くいるようで、5月には政府が「学生支援緊急給付金」という制度を設けたり、大学側で授業料の納付期限の延長や独自の給付型奨学金を設けたり、といった対策が取られています。

大学生で、生活に困っている人、先行きに不安を感じている人がいたら、大学の学生課に相談してみてください。


部活動・サークルの多くが活動停止に。活動の継続と感染リスクの両方に不安あり



授業料は親が出している大学生が多い一方、部活動・サークルの活動費は自分でまかなっている人が多いようです。この調査では、アルバイト・給与が60.0%、親が58.0%、大学からの奨学金(スポーツ奨学金など)が11.0%、学外の奨学金(競技団体など)が5.7%、その他が3.6%という結果です。

アルバイト収入が激減し、部活動・サークルの継続が困難になっている大学生が増えており、活動継続に対する経済的な不安を半数以上が抱いています。内訳は、非常に不安が22.9%、不安が16.3%、少し不安が18.7%と、合計で57.9%です。今後、部活動・サークルを退部する人が増えることも予想されます。

また、新型コロナの活動の影響として、

  • 部員・メンバーに感染者が出ること
  • 大会や試合が中止されること
  • 練習が制限や自粛されること
  • 自分やチームの力が落ちること

といった点に不安を感じているようです。

生活としては、ひとりでいる機会が大幅に増えたことで、学びや趣味を通して時間を有意義に過ごすことが、メンタルバランスを保つためにも大切です。

アメリカの有名大学の授業がオンラインで見られたり、自分の興味に合った動画をYouTubeで見たり、見たい映画をオンデマンドで楽しめたりする時代です。大学での学びだけでなく、個人で充実した時間を過ごすためにも、やはり安定したインターネット環境が必須です。


まとめ

以上、2020年4月に発表された「大学生への新型コロナウイルス感染症拡大の影響」の調査結果の中でも重要な部分を解説しました。

ほかにも次のような調査結果やアンケートが公表されています。今回紹介したものとあわせて、参考にしてみてください。

江別市の酪農学園大学・北翔大学・札幌学院大学へご入学予定の方、
セキュリティ万全の学生マンション「ハイコート文京台」がおすすめです!

お部屋さがし ネット環境 部屋探し 大学生

無料ダウンロードDownloads for Free

あなたに役立つ資料を無料でダウンロード!
間取りやお引越しに役立つ資料です。
ぜひご活用ください。

詳しく見る

top