北海道の大学生の一人暮らし、ベストな通学時間は?学校から家まで徒歩20分圏内の物件を探そう!

通学時間 一人暮らし 大学生 北海道 お部屋探し 物件探し
イメージ:北海道の大学生の一人暮らし、ベストな通学時間は?学校から家まで徒歩20分圏内の物件を探そう!

この記事のサマリー

  • 徒歩20分圏内であれば、コロナ禍でも公共交通機関を利用することなく安心して通学できる
  • 夏は自転車、冬は徒歩で適度な運動を。近すぎず遠すぎない徒歩20分圏内が理想
  • 初めての一人暮らしの物件選びは、設備や管理体制、セキュリティなども確認しよう

目次

これから大学入学を控え、一人暮らしをするための物件を探す時、真っ先に考えるのが立地条件。今回の記事では、私自身の実体験や現役大学生の意見をもとに、自然豊かな北海道の大学に通い一人暮らしをする際の、大学から自宅までのベストな通学時間とお部屋選びのポイントについてご紹介します。


大学から家までの距離。徒歩20分圏内がおすすめの理由

北海道には札幌を中心に、数多くの大学が存在します。その大学へ通う学生さんは道内出身の方もいれば、道外出身の方も少なくありません。いずれにせよ、土地勘のない場所で初めて一人暮らしをするのは、不安と期待が入り混じるもの。そこで一人暮らしの部屋探しで、まず最初に考えるべきは”どこに住むのか?”です。推薦入試の方は進学までの期間が半年程度と物件探しにもゆとりがありますが、一般入試の方は1〜2ヶ月しかありません。手当たり次第でやみくもに探しては非効率ですし、急いで決めて後々後悔したり、途中で引っ越したりすることのないよう、事前に志望大学の立地を把握した上で、住みたいエリアの目星を付けておきましょう。

北海道札幌市近郊の江別市の大学に通う現役大学生数名に、初めて一人暮らしをした際、なぜこの場所を選んだのか、”立地”の観点から、その理由を聞いてみました。その回答が以下の通り。

  • 大学から近いから
  • 大学の最寄り駅から近いから
  • 大学と家までの間に、スーパーやドラッグストアなどの商業施設があり便利だから

北海道は広大な土地であるがゆえ、車通学を許可している大学は多いのですが、利用しているのは実家暮らしで、家族名義の車で通学している学生が大半のようです。一人暮らしはただでさえ家賃や食費などの生活費がかかる上、車を所有するための初期費用、駐車場代やガソリン代、車検・税金などの維持費も考えると、通学にはできるだけ経済的負担をかけず、大学近くの物件を探すのが、交通費の節約にもなります。また、大学から家までの通学時間を聞いたところ、徒歩2〜20分という回答が多く、自転車通学ができない冬の期間でも歩ける範囲の、徒歩20分圏内がおすすめです。


冬の通学

私は実家から札幌市中心部にある大学へ通学していましたが、通勤・通学ラッシュの交通機関に乗るのが嫌で、雪が降るまでの期間は雨の日でも自転車で通い、冬は仕方なしにバスと地下鉄を乗り継いで学校へ行っていました。自転車だと30分、交通機関を使うと1時間以上通学に時間がかかっていたので、夜遅くまでアルバイトをしながらのテスト前の勉強期間や、夜通しレポートを書いた時は、もっと大学近くに住めたら……と思ったこともあります。最近はオンライン授業の機会が増え、通学に要する時間は減っていますが、一人暮らしだと毎日自炊してひとりで食事をしていると孤独感が募りますよね。授業がない日に気軽に学食に行けるのも、大学近くに住む利点のひとつ。今はコロナ禍で、不特定多数の人と接する密な状況は極力避けたいところ。交通機関を使わず通学することで、感染予防や学業へ専念できる環境づくりの観点からも、大学生が初めて一人暮らしをする時は、大学から徒歩20分以内の物件を選ぶと良いでしょう

大学近くの物件で一人暮らしをするメリット・デメリット

これまで、大学から家まで徒歩20分圏内で一人暮らしをするメリットをお伝えしてきましたが、どんなことにもメリットがあればデメリットも存在します。北海道で初めて一人暮らしをする新大学生の皆さんには、どちらも理解した上で自分に最適な物件選びをしていただきたいので、以下にメリット・デメリットを挙げてみました。

大学近くで一人暮らしをするメリット

  • 交通費の節約になる
  • 授業がない日でも、気軽に学食や図書館に行ける
  • 空きコマに家に帰り、家事をしたり休憩したりと時間を有効に使える

大学近くで一人暮らしをするデメリット

  • 家が大学から近すぎると、友人のたまり場になりやすい
  • 行動範囲が狭くなる傾向がある
  • 休日でも同じ大学の学生にばったり会うなど、プライバシーの確保が困難な場合も

これらのことを踏まえると、大学から家まで徒歩20分程度の物件がベストであると私は思います。先述したように、オンライン授業が主流になった昨今、あえて近すぎず遠すぎない、ほどよい距離感のマンションで暮らし、自転車や徒歩通学で適度な運動を心がけ気分転換をすると、気持ちも明るく健康的に、きっと学業にも良い効果が期待できます。北海道は札幌市の中心部から数分離れるだけで、自然豊かな町並と景色が広がります。せっかく北海道で一人暮らしをするなら、北海道特有のメリハリのある四季を日常で感じ、心地よい空気と緑豊かな土地を、大学生活で思う存分満喫していただきたいです。もちろん、上記のデメリットが全く気にならないという方は、大学から徒歩2〜3分のお部屋を検討しても良いでしょう。


大学生の自転車通学

物件探しで大事なのは通学時間だけではない!絶対に見るべきポイントとは?

北海道札幌市近郊の江別市の大学に通う現役大学生数名に、一人暮らしの物件への決め手を聞くと、大学からの距離以外にも以下のような回答がありました。

  • 設備が充実していたから

Wi-Fiが24時間無料で使い放題・コインランドリー付き・家具家電付き・屋根付き駐輪場がある・いつでも好きな時に捨てられる大型収容のゴミ庫がある

  • 間取りが気に入ったから

収納が多い・お風呂とトイレが別・洗濯物が干せるバルコニーがある・窓が多く風通しが良い・日当たりが良い

  • 管理体制が良かったから

共用スペースは毎日管理人さんによって清掃がされている・定期的に清掃業者が入り、エントランスや床が綺麗

  • セキュリティ体制に安心感を持てたから

オートロック付き・カラーモニターインターホン付き・管理人さん常駐・防犯カメラ付き

どこに住むかは、一人暮らしをする際真っ先に考えることですが、その他にも物件の設備・間取り・管理体制・セキュリティなど、お部屋探しで見るべきポイントはたくさんあります。物件探しの際はこれらのポイントも参考にしてみてください。

まとめ

以上、北海道の大学に通い一人暮らしをする際、ベストな通学時間がなぜ徒歩20分圏内なのか、その理由をお伝えしました。まずは自分自身の思い描く大学生活から逆算し、暮らしの優先順位を整理してみましょう。その上で絶対に譲れないポイント、妥協できるポイントを明確にし、後悔しないお部屋選びをしてください。

江別市の酪農学園大学・北翔大学・札幌学院大学へご入学予定の方、
セキュリティ万全の学生マンション「ハイコート文京台」がおすすめです!

通学時間 一人暮らし 大学生 北海道 お部屋探し 物件探し

無料ダウンロードDownloads for Free

あなたに役立つ資料を無料でダウンロード!
間取りやお引越しに役立つ資料です。
ぜひご活用ください。

詳しく見る

top